<   2006年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

ひぐらしの冒頭で流れる詩

ひぐらしのなく頃に 盛り上がってますね(´∀`)
シナリオのセンスもいいんですが私は冒頭のこのフレデリカの詩が結構好きだったりします。

とりあえず抜粋してみました。

・オリジナル

鬼隠し編

どうか嘆かないで。
世界があなたを許さなくても、私はあなたを許します。

どうか嘆かないで。
あなたが世界を許さなくても、私はあなたを許します。

だから教えてください。
あなたはどうしたら、私を許してくれますか?

Frederica Bernkastel


綿流し編

あなたの乾きを癒せない。
真実を欲するあなたがそれを認めないから。

あなたの乾きを癒せない。
あなたの期待する真実が存在しないから。

それでもあなたの渇きを癒したい。
あなたを砂漠に放り出したのは私なのだから。

Frederica Bernkastel


祟殺し編

井の中の蛙は幸せでした。
井戸の外に何も興味がなかったから。

井の中の蛙は幸せでした。
井戸の外で何があっても関係なかったから。

そしてあなたも幸せでした。
井戸の外で何があったか知らなかったから。

Frederica Bernkastel


暇潰し編

誰が犯人かって?
それを探す物語に決まってるでしょ?

誰が犯人かって?
そもそも「何の」犯人かわかってる?

誰が犯人なの?
私をこれから殺す犯人は誰?!

Frederica Bernkastel


目明し編

砂漠にビーズを落としたと少女は泣いた。
少女は百年かけて砂漠を探す。

砂漠でなく海かもしれないと少女は泣いた。
少女は百年かけて海底を探す。

海でなくて山かもしれないと少女は泣いた。
本当に落としたのか、疑うのにあと何年?

Frederica Bernkastel


罪滅し編

一度目なら、今度こそはと私も思う。
避けられなかった惨劇に。

二度目なら、またもかと私は呆れる。
避けられなかった惨劇に。

三度目なら、呆れを超えて苦痛となる。
七度目を数えるとそろそろ喜劇となる。

Frederica Bernkastel


(罪滅し編)

運命に泣かず、挫けることを知らない。
そんな彼女は美しかった。

誰にも媚びず、最後まで1人で戦った。
そんな彼女は気高かった。

彼女は眩しくて、ただただ神々しくて。
私には、そんな彼女が必要だった。

Frederica Bernkastel


皆殺し編

井戸の外の世界が知りたくて。
私は井戸の底から這い上がろうとしました。

井戸の外の世界が知りたくて。
何度、滑り落ちて全身を打ち付けても上り続けました。

でも気付きました。
上れば上るほどに落ちる時の高さと痛みは増すのです。

外の世界への興味と全身の痛みが同じくらいになった時、
私は初めて蛙の王さまの言葉の意味がわかりました。

Frederica Bernkastel


皆殺し編(2)

どうかこの夜に何があったか教えてください。
それは例えるなら猫を詰めた箱。

どうかこの夜に何があったか教えてください。
箱の中の猫は、生か死かすらもわからない。

どうかあの夜に何があったか教えてください。
箱の中の猫は、死んでいたのです。

Frederica Bernkastel


祭囃し編

誰だって幸せになる権利がある。
難しいのはその享受。

誰だって幸せになる権利がある。
難しいのはその履行。

私だって幸せになる権利がある。
難しいのはその妥協。

Frederica Bernkastel


祭囃し編(2)

だって、これから
もっともっと幸せになるんだもの。

これくらいじゃ、妥協なんてしないんだから。
私たちは、これまでの幸せを全部取り戻すよ。

私は百年分を。
あなたは千年分を、ね 。

Frederica Bernkastel

こうして見るとなかなか作者のセンスが窺い知れます。

人間の罪ってなんなんでしょうかね、ひぐらしやった後には何が正しくて何が罪であるかの線引きが脆くなりそうになりますw



何が罪かわかりますか。
知恵の実を口にしたからではありません。

何が罪かわかりますか。
蛇の甘言に耳を貸したからではありません。

まだ罪がわかりませんか。
それこそがあなたの罪なのです。


そう、気づかないのは罪。そしてそれは貴方を後悔へと導くのです


この世でもっとも見つけ難いもの。
砂漠に落とした針一本?

この世でもっとも見つけ難いもの。
闇夜に落とした鴉の羽?

この世でもっとも見つけ難いのは。

自分自身の思い違い。


簡単に自己否定できる人間なんているのでしょうか。そして自分だけが不幸なんじゃないかと思ってる人もまた


私が一番不幸だった。
この迷路に出口がないことを知っていたから。

次に彼が不幸だった。
この迷路に出口がないことを知らなかったから。

その他大勢は不幸ではなかった。

自分たちが迷路の中にいることすら知らなかった。


何も知らないことが幸せとはよく言ったものです。知ることは罪、そして貴方の枷となる。


私が求めるものは何?
遠い異郷からやって来る騎士かもしれない。

私が求めるものは何?
永遠の沼から這い出せる岸かもしれない。

私が求めるものはたったひとつ。
得るのはキシか、それともシキ(死期)か。


登場人物は得てして多くないこの作品がここまで大きくなったのはやはり人物同士の深い絡みつきと、人物固有の描写でしょうか。各自ばらばらな思考や行動もやがて一つの場所に行きつくのです。それは誰かの願いでもあったり、殺意であったり推理という枠におさまらず登場人物の人物像がこれほどしっかりしているにもかかわらず、それをあっさりと裏切られる展開。
全部読み終わった後、あぁやられたなぁと感嘆の声を漏らしたこと多々ありますw

夏ももうすぐ終わります。ちょうどひぐらしのなく季節になってきました。興味のある方は是非やってみてください。いい意味で期待を裏切られますよw
[PR]

by Edith_workaholic | 2006-08-31 01:16 | おふげ  

エフィハード-クリムゾンのガイドライン

806 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/12(水) 23:11:05 ID:MkydcoZG
 クリムゾンが「エフィが船宿で痴漢される」とかいう感じの同人誌を製作中

826 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/12(水) 23:57:34 ID:f9A+E+Sf
 『 エフィハード 』

 面白いこと発見の為に船宿に潜入するエフィ。
 だが、それは二代目の巧妙な罠だった。

 「エフィの電波空間は 私に崩される為に築いてきたんですものね」
 「いつもの力が出せれば…こんな二代目なんかに…!」
 「よかったじゃないですか マゲのせいにできて」
 「んんんんんんんっ!」
 「へへへ おい、コモを用意しろ。みんなで現実に戻してやる」
 (耐えなきゃ…!!今は耐えるしかない…!!)
 「エフィの生靴下ゲ~ット」
 (いけない…!コモがポニテ萌えなのを悟られたら…!)
 「生エフィ様の生サブリガを拝見してもよろしいでしょうか?」
 「こんな奴らに…くやしい…! でも…感じちゃう!」(ビクッビクッ


※この話はフィクションです( ^ω^)
[PR]

by Edith_workaholic | 2006-08-21 18:57 | ff11  

夏の音

都会は人工的な音で溢れている。


季節独特の音の共有の現代社会では許されないのでしょうか。

東京で独り暮らししていた頃なのですが暑い夏の夜、風鈴をベランダに飾ってみたところ、隣の人から 「うるさい」 とのこと。

私は好きなんですけどねぇ、風鈴のあのチリーンとした涼しい音。

話に聞けば最近は布団を叩いている音ですら 「うるさい」 と言われるらしいですよ?

季節独特の音の共感というものが無くなってきているのでしょうかねぇ。

季節の音まで個人嗜好な時代になっているのでしょうか。

流行もいいですが私は昔ながらのゆっくりとした文化が自分にマッチしている模様。


祭り囃子、風鈴、花火。

音を聞いた人がみんな夏を共感できるって素敵じゃないですか。


そういうことで病室の窓に風鈴を飾ってみました。

涼しい音色に心が涼みます。


あなたの夏の音はどんなでしょうか?
[PR]

by Edith_workaholic | 2006-08-11 20:17 | 日々是思考  

とりあえず病院暮らしです。

貧血と過労でダウン、そこに失血症のダブルパンチで入院してます苛ですこんばんは(゜Д゜)

どうせオタクだし今更自分作ってもしゃーないのでプロフはMixiと一緒にします。

しがない土建業ですが根はオタク、酒とエロをこよなく愛する男ですが今後ともよろしゅう。


街で見かけても石を投げたりしないでください…


もちろん投げたヤツは相応の覚悟してもらうけどな、、(´∀`)


というわけで病院から報告でしたーまた会おう!
[PR]

by edith_workaholic | 2006-08-11 00:35 | 日々是思考  

「ひぐらしのなく頃に」オヤシロさまドットコム アニメイトTV WEB -かけらむすび-